バニチョコのちミントチョコ
*
ホーム > 企業 > お金が足りなくなりました。

お金が足りなくなりました。

 

週刊誌のチラシ、スポーツ新聞紙、街中にあるビラや郵便広告などで「負債の整頓任せなさい」「多重借金を集約したいと思ったら」という惹句を目にすることがありますよね。

 

そういったものは、「片付け屋」「買取専門人」「つなぎ屋」という名称の企業の詐欺広告の場合があるということなのです。

 

使用した場合は自己破産申請プロセスの中で最も大切な免責許諾を手に入れられなくなる恐れが存在します。

 

「整頓業者」の場合ダイレクトメールなどで借金を抱える人は呼び出し、相当な費用を要求して借金整理をしますが、実際は負債整理は行われないで、負債者はより借金スパイラルに陥るケースがほとんどと思われます。

 

「買取人」とは依頼者のカードで電化製品、利用券をいっぱい購入させ、借金者からそれらの物品を定価の10%から半値で買取るという方法が知られています。

 

借金者は一時はお金が手に入りますがそのうちカード会社から商品価格の販売額の催促がくることになり、結局のところ借金を増やす結果となります。

 

この場合だとカード業者への詐欺行為ということになり免責許可をもらえません。

 

「つなぎ業者」の場合、人気の消費者金融から拒絶された借金人に、ダイレクトな融通は全然せずに、融資をする異なる業者を知らせて、常識外の費用を要求する会社です。

 

つなぎ屋は自分のつなぎで金貸し可能になったというように説明しますが現実には何もせず審査のゆるい業者を教えているだけなのです。

 

このケースも本当は債務を増やす結果となります。


関連記事

お金が足りなくなりました。
  週刊誌のチラシ、スポーツ新聞紙、街中にあるビラや郵便広告などで「負...
テスト
テスト記事です。...